「不妊治療の保険適用」早期実現を目指す…田村厚労相、助成額の大幅引き上げも

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 田村厚生労働相は17日の記者会見で、菅首相が掲げる不妊治療の保険適用について、早期の実現を目指す考えを表明した。実現までの間は現在行っている治療費の助成額を大幅に引き上げる考えも示した。

 不妊治療の保険適用を巡っては、厚生労働省が治療実態の調査を進めている。菅首相はこの日、田村氏に保険適用の実現を急ぐよう指示した。田村氏は記者会見で「(治療の)安全性や、何を保険適用するかについて早急に検討する」と表明した。助成増額は、保険適用外の体外受精と顕微授精の治療費について国が15万円(初回は30万円)を助成する制度の拡充を想定している。

 また、田村氏は保険適用外となっている新型コロナウイルスのPCR検査について、費用を引き下げる方策を検討する考えも明らかにした。「日本だけ検査金額が高いという話になると、競争力の問題にもなってくる」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1485658 0 政治 2020/09/17 21:25:00 2020/09/17 22:10:01 2020/09/17 22:10:01

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ