読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】安倍前首相「衆参同日選、常に頭にあった」…外交で菅首相を支える考え

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 16日に辞任した安倍晋三前首相は読売新聞の単独インタビューに応じ、7年9か月にわたった長期政権について語った。安倍氏は任期中に行われた参院選では、衆院選を合わせて実施する「同日選」を検討していたことを明らかにした。今後の政治活動については「球拾いをしていく」と述べ、外交面を含めて菅首相を支える考えを示した。

インタビューに答える安倍前首相(15日、首相公邸で)=鈴木毅彦撮影
インタビューに答える安倍前首相(15日、首相公邸で)=鈴木毅彦撮影

 安倍氏は政権を奪回した2012年衆院選から国政選で6連勝した。3回行われた参院選のうち16年、19年は衆参同日選が取りざたされた。いずれも踏み切ることはなかったが、「首相の判断と決断の最たるものが解散で、あらゆる選択肢を考えた。同日選は常に頭にあった」と述べた。衆院選で負ければ政権を失う一方、「国民の支持を獲得できれば、政策の推進力を得ることができる」と説明した。

残り:560文字/全文:1027文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1486128 0 政治 2020/09/18 05:00:00 2020/09/18 10:18:49 2020/09/18 10:18:49 インタビューに答える安倍首相(15日、首相公邸で)=鈴木毅彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200918-OYT1I50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)