安倍前首相、7年ぶり靖国神社参拝「退任をご英霊にご報告」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の安倍晋三前首相は19日、東京・九段北の靖国神社を参拝した。同日、自身のツイッターで明らかにした。首相在任中は対外関係への影響を考慮して控えてきたが、退任に伴って約7年ぶりに参拝した。

【独自】安倍前首相「衆参同日選、常に頭にあった」…外交で菅首相を支える考え

 安倍氏の靖国参拝は、首相在任中の2013年12月以来となる。ツイッターには黒色のモーニング姿で参拝した写真を添え、「内閣総理大臣を退任したことをご英霊にご報告いたしました」と書き込んだ。

 党内の保守派は首相退任から3日での参拝を歓迎している。安倍氏に近い衛藤晟一・前少子化相は同日、記者団に「非常に重たく、素晴らしい判断をされた」と強調した。岸田文雄・前政調会長も、千葉市で記者団に「(参拝は)心の問題であり、外交問題化する話ではない」と述べた。

 13年の参拝時には中国や韓国が反発し、当時の米政府も「失望」を表明。それ以降、安倍氏は春と秋の例大祭などに合わせ、私費で玉串料や真榊まさかきを奉納するだけにとどめていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
1488910 0 政治 2020/09/19 11:36:00 2020/09/19 22:07:32 2020/09/19 22:07:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)