3か月以上の「中長期」新規入国を再開へ…10月上旬にも、1日1000人限定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は10月上旬にも、主に3か月以上の中長期滞在者を対象に新規入国を再開する方向で調整に入った。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、1日あたりの入国者は最大1000人程度に限定することを検討している。

 入国再開は新型コロナで停滞した経済活動を促進することが目的だ。留学生の入国は全面解禁し、観光などの短期滞在者の入国は認めない見通しだ。政府は各国の感染状況を見極めた上で、近く国家安全保障会議を開いて最終決定する。

 入国条件として、〈1〉出発前と日本到着時の2回、PCR検査で陰性を確認する〈2〉入国後はホテルなどで2週間待機する〈3〉入国後に感染が判明した人の出発国からは当面入国停止とする――ことなどを検討している。

 政府は現在、原則として外国からの新規入国を禁止している。ただ、感染状況が落ち着いている16か国・地域と往来再開に向けて個別に交渉し、ベトナムやタイなど8か国・地域とはビジネス目的での往来を一部再開している。

無断転載・複製を禁じます
1497168 0 政治 2020/09/23 23:36:00 2020/09/23 23:36:00 2020/09/23 23:36:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ