菅首相、韓国・文大統領と初の電話会談…元徴用工巡り対応求める

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は24日午前、韓国の文在寅ムンジェイン大統領と就任後初めてとなる電話会談を行った。首相は、懸案の元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)訴訟問題について、韓国側に解決に向けた対応を求めた。両首脳は北朝鮮情勢などで日韓両国が連携する重要性を確認した。

 首相は会談で、元徴用工問題を取り上げ、「非常に厳しい状況にある両国関係をこのまま放置してはならない」と指摘。冷え込んだ日韓関係を健全な状態に戻すよう文氏に求めた。

 首相は会談後、記者団に対し「我が国の一貫した立場に基づき、今後とも韓国に適切な対応を強く求めていきたい」と語った。

 両首脳は地域情勢についても意見を交わし、首相は「日韓両国は極めて重要な隣国で、北朝鮮問題をはじめ、日韓、日韓米の連携が重要だ」と伝えた。首相は北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向けた協力を求め、文氏も支持した。

 新型コロナウイルスの感染拡大で止まっているビジネス目的での往来を近く再開できるよう、協議を加速することでも一致した。

 日韓首脳の会談は昨年12月以来となる。この日は韓国側の要請で行われ、両首脳は約20分間協議した。

無断転載・複製を禁じます
1497856 0 政治 2020/09/24 11:34:00 2020/09/24 13:21:10 2020/09/24 13:21:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ