イージスアショア代替、「洋上案」軸に検討へ…商船・護衛艦など3案

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 防衛省は24日午前、自民党の国防部会と安全保障調査会の合同会議で、導入を断念した地上配備型迎撃システム「イージスアショア」の代替案について、レーダーやミサイル発射装置を洋上で運用する「洋上案」を軸に検討を進める方針を明らかにした。

 同省は洋上案の具体例として、〈1〉民間の商船〈2〉自衛隊の護衛艦〈3〉海上に構築した石油採掘装置のような施設――の3案を示した。合同会議に出席した岸防衛相は「今後はイージスアショアの構成品を移動式の洋上プラットフォームに搭載する方向で、米国や事業者を交えて、具体的な検討を速やかに進めていきたい」と表明した。

 同省は、レーダーを陸上に、ミサイル発射装置を洋上に配備する「分離案」についても検討してきたが、装置間の通信に遅れが生じる恐れがあるほか、費用が増える可能性もあり、見送ることにした。

 洋上案は、通信の問題は発生せず、人員を1か所に集中できるメリットがあるとされる。一方で、天候などの影響を受け、イージスアショアの特徴だった「24時間365日」の常時迎撃が困難などのデメリットもあるという。

 同省は今後、米国や公明党とも調整しながら、年末までに結論を出す方針だ。技術面の課題やコストについて検討を続ける。来年度予算の概算要求では、具体案や金額を示さない「事項要求」とする。

無断転載・複製を禁じます
1497996 0 政治 2020/09/24 12:33:00 2020/09/24 13:21:13 2020/09/24 13:21:13

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ