河野行革相、全府省庁に「ハンコ禁止令」…できない場合は理由回答求める

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は24日、全府省庁に事務連絡を出し、行政手続きで押印を原則使用しないよう要請した。廃止できない場合には理由を明示するよう求めている。

 事務連絡では、今年7月に閣議決定した規制改革実施計画に基づき、文書への押印の原則廃止を改めて求めた。廃止できない場合、年間1万件以上ある行政手続きは月内に、それ以外は10月上旬までに理由を回答するよう要請した。

 河野氏は閣僚による深夜の記者会見の見直しを求めるなど、行政の無駄撲滅を進めている。

無断転載・複製を禁じます
1499135 0 政治 2020/09/25 08:00:00 2020/09/25 08:00:47 2020/09/25 08:00:47

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ