外国人の新規入国、10月から本格的に再開…1日1000人上限

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は25日、外国人の新規入国を10月から本格的に再開すると発表した。日本で3か月以上、過ごす人が主な対象となる。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、感染の有無の検査が可能な1日1000人程度を上限とする。

 この日、開かれた国家安全保障会議で決定した。

 政府は今月から、外国人の再入国を一部解禁した。ただ、新規入国はタイやベトナムなど8か国・地域のビジネス関係者の一部に限っていた。

 10月以降は、これらの国・地域以外からの新規入国も認める。留学生の入国は全面再開する。観光客の解禁は今回、見送った。

 入国者には原則、〈1〉感染の有無の検査〈2〉ホテルなどでの2週間待機〈3〉受け入れ企業・団体――などを義務づける。入国者が待機期間を守らない場合、受け入れ先の企業・団体名の公表も検討している。

 政府は成田、関空の2空港に絞っている中国と韓国の航空機受け入れを羽田、中部空港などにも順次広げていく方針だ。

 菅首相は25日の新型コロナウイルス感染症対策本部で、「経済再生のためには国際的な人の往来の再開が不可欠。来月以降、(PCRなどの)検査をしっかり行った上で、できる限り往来を再開していく方針で臨む」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1501745 0 政治 2020/09/25 22:03:00 2020/10/05 11:38:14 2020/10/05 11:38:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ