河野氏、ハンコ800種類「ほとんど廃止」意向

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

グループインタビューで質問に答える河野行政・規制改革相(1日、東京都千代田区で)=泉祥平撮影
グループインタビューで質問に答える河野行政・規制改革相(1日、東京都千代田区で)=泉祥平撮影

 河野行政・規制改革相は1日、報道各社のインタビューに応じ、利用件数が多い行政手続きのうち、押印が必要な約800種類のほとんどを廃止する考えを示した。

 河野氏によると、全府省庁で年間1万件以上の利用がある手続きを調べたところ、約800種類で申請書や添付書類に押印を求めていた。うち35種類以外について府省庁は、押印を廃止するか廃止の方向で検討すると答えたという。

 河野氏は、35種類についても「(押印を)やめられると思う。法律や政省令、告示で押印を要求しているが、変えればいいだけだ」と述べ、各府省庁に再検討させたことを明らかにした。年間1万件未満の行政手続きについては、今月上旬までに廃止の可否を検証する。

 一方、国家公務員の働き方改革を進めるため、河野氏は全府省庁を対象に10、11月の勤務実態を調査するよう指示したことを明らかにした。「在庁時間がどうなっているのか職種別、組織別に出してもらう」ことで、無駄な勤務を減らす考えだ。

 厚生労働省の組織再編については、「新型コロナウイルス対策で様々な業務が発生している。まな板の上にのせるのはいいタイミングではない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1515342 0 政治 2020/10/01 20:22:00 2020/10/02 08:17:30 2020/10/02 08:17:30 グループインタビューで質問に答える河野行政・規制改革相(1日午後3時13分、東京都千代田区で)=泉祥平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201001-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ