デジタル庁は「福島県に作ったらいかが」…公明・山口代表が菅首相に提案

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 公明党の山口代表は3日、福島県郡山市で開かれた党県本部大会で、政府が創設を目指すデジタル庁について、2日に菅首相と会談した際に「福島県に作ったらいかがか」と提案したことを明らかにした。山口氏は「震災からの復興の推進力、そしてデジタル社会のモデル地域になる。成功例が広がれば、地方創生のモデルにもなる」と意義を語った。

無断転載・複製を禁じます
1519920 0 政治 2020/10/03 22:35:00 2020/10/03 23:18:23 2020/10/03 23:18:23

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ