読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

臨時国会26日召集、政府・与党決定…日英通商協定など審議へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府・与党は6日、臨時国会を今月26日に召集する方針を決めた。自民党の二階幹事長が6日午前の記者会見で「26日に開会して、12月上旬までとしたい。しっかりと法案を成立させ、国民のための政治を進めたい」と述べた。

 臨時国会では、菅首相が就任後初めて所信表明演説を行う。日英の新たな2国間通商協定の承認案や、新型コロナウイルスのワクチン接種で健康被害が起きた場合に賠償を国が肩代わりする法案などが審議される。

 野党は、日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかったことを問題視しており、臨時国会で首相らを追及する姿勢だ。

 自民党の森山裕国会対策委員長は6日午後、立憲民主党の安住淳国対委員長と会談し、日程などを伝える。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1525834 0 政治 2020/10/06 13:38:00 2020/10/06 13:38:00 2020/10/06 13:38:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)