読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「自由で開かれたインド太平洋」へ同盟強化、拉致問題も協力…首相がポンペオ氏と会談

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ポンペオ米国務長官(左)と会談前に握手の代わりに拳を合わせる菅首相(6日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影
ポンペオ米国務長官(左)と会談前に握手の代わりに拳を合わせる菅首相(6日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 菅首相は6日、首相就任後初の対面での外交に臨んだ。来日した米国のポンペオ国務長官らと首相官邸で会談し、日米両国が提唱する「自由で開かれたインド太平洋」構想の推進に向け、強固な日米同盟の維持を確認した。

 首相はポンペオ氏との会談でまず、新型コロナウイルスに感染したトランプ大統領の体調を気遣った。その後、北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決に向けた米国の協力を求めた。ポンペオ氏は「日本の取り組みを全面的に支持する」と応じた。

 首相はその後、米豪印の3外相とそろって会談した。首相は席上、「『自由で開かれたインド太平洋』は、まさに地域における平和と繁栄に向けたビジョン(構想)として、国際社会に広く通じるようになった」と安倍前首相の外交を評価し、「私の政権においても、この取り組みをしっかり推し進めていく」と語った。

 その後行われた日米豪印外相会談では、同構想の推進に向け、海洋安全保障や質の高いインフラ(社会基盤)整備などでの連携を確認した。

 ポンペオ氏は中国が覇権主義的な動きを強める南・東シナ海や台湾海峡などの地域名を列挙し、「中国共産党の腐敗、搾取、威圧から守るため、4か国がこれまで以上に連携していくことが重要だ」と強調した。

 夕食会では、外相会談の定例化で一致した。

 茂木外相は6日昼、ポンペオ氏と昼食を取りながら約70分間会談した。北朝鮮を巡り、拉致、核、ミサイル問題の包括的な解決に向け、日米間で連携を進めていくことでも一致した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1526334 0 政治 2020/10/06 16:26:00 2020/10/06 22:41:14 2020/10/06 22:41:14 ポンペオ米国務長官(左)と会談前に握手の代わりにこぶしを合わせる菅首相(6日午後2時14分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201006-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)