婚姻届と離婚届の押印廃止し、オンライン化検討…上川法相

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 上川法相は9日の閣議後記者会見で、婚姻届と離婚届の押印を廃止し、オンライン化する方向で検討していると明らかにした。

 オンラインによる戸籍の届け出は、2004年4月から可能となっているが、導入については市区町村長が判断することになっており、現時点で導入している市区町村はないという。

 上川氏は法務省所管で押印が求められている行政手続きで申請件数が年間1万件以上ある44件中、35件を押印廃止の方向で検討していると明らかにした。

 その上で「行政手続きの押印などの見直しに向けた取り組みを強力に推進するという政府の方針に沿って見直しを行っている」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1533522 0 政治 2020/10/09 12:50:00 2020/10/09 13:09:04 2020/10/09 13:09:04

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ