【独自】中小向け「家賃支援」に遅れ、政府「つなぎ融資を」…自治体に要請へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、新型コロナウイルスで打撃を受けた中小企業に支給する「家賃支援給付金」の事務処理が遅れているため、当面、金融機関から低金利で資金を借りられる「制度融資」で柔軟に支援するよう全国の自治体に要請する。中小企業の資金繰りを下支えし、経営の行き詰まりを防ぐ。

 制度融資は、都道府県など地方自治体が預託金を金融機関に預けることで信用力の低い中小企業でも融資を受けやすくなる制度。政府は、家賃支援給付金をまだ受け取っていない事業者に対し、この融資を事実上のつなぎ融資として利用してもらいたい考えだ。

残り:615文字/全文:864文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1542638 0 政治 2020/10/13 05:00:00 2020/10/13 06:11:13 2020/10/13 06:11:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201013-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ