中曽根氏に「弔意」を…文科省が国立大・教委に通知、合同葬に合わせ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 文部科学省は国立大学や都道府県教育委員会などに対し、17日に行われる中曽根康弘・元首相の内閣・自民党合同葬に合わせ、弔旗の掲揚や黙とうをするよう求める通知を出した。

 政府は2日の閣議で、各府省が17日に弔意表明することを了解し、加藤官房長官が萩生田文科相に関係者に周知するよう求めた。これを受け、文科省は13日付で、国立大や同省が所管する独立行政法人、日本私立学校振興・共済事業団などに文書を送った。

 都道府県教委に対しては「参考までにお知らせします」として、市町村教委への周知も求めた。

 文科省によると、2006年の橋本竜太郎・元首相の合同葬も同様の対応だった。07年の宮沢喜一・元首相の際は国立大や教委は対象となっていなかった。

 合同葬に関し、総務省も7日付の文書で、都道府県知事や市区町村長に、弔意の表明を求めた。

     ◇

 加藤氏は15日の記者会見で、国立大などに弔意表明を求めたことについて「関係機関で自主的に判断されることになる」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1550368 0 政治 2020/10/15 13:12:00 2020/10/15 13:12:00 2020/10/15 13:12:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ