「やるべきことをスピード感持ってちゅうちょなく実行」…首相就任1か月

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は16日、就任から1か月を迎えたことについて、「振り返る間もなく早かったなという率直な感じだ。色々な課題が山積しているが、初心を忘れずに一つ一つ着実に実行に移していきたい」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

首相就任から1か月を迎え、記者団の取材に応じる菅首相(16日午前、首相官邸で)=源幸正倫撮影
首相就任から1か月を迎え、記者団の取材に応じる菅首相(16日午前、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 看板政策の一つである携帯電話料金の引き下げを挙げた上で、「やるべきことをスピード感を持ってちゅうちょなく実行に移す。できるものから改革を進めて、国民に実感として味わっていただく」とも強調した。

無断転載・複製を禁じます
1552735 0 政治 2020/10/16 10:37:00 2020/10/16 11:10:47 2020/10/16 11:10:47 首相就任から1か月を迎えた感想を述べる菅首相(16日午前9時4分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201016-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ