「首相の教養レベルが露見」発言、川勝・静岡知事「学歴差別と捉えられ申し訳ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 静岡県の川勝平太知事は16日、日本学術会議の会員候補6人が任命されなかったことを巡って、「(菅首相の)教養レベルが露見した」などとした自身の発言を撤回した。同日、学歴差別につながるとして、県議会の自民会派から抗議を受けた後、記者団に対し、「学問を大切にしなければいけないと言ったが、学歴の部分が表に出て県民に心配された。学歴差別と捉えられて本当に申し訳ない」などと述べた。

 発言撤回の理由については、「(任命拒否の経緯に関する)基本的な事実認識が誤っていた。不正確だった」とした。

 川勝知事は今月7日の定例記者会見で、任命拒否の判断への受け止めを問われた際、菅首相を名指しし、「おかしなことをした」「学問をされた人ではない。単位取るために大学を出た人」と発言。これに対し、インターネットなどで批判の声が相次いでいた。

無断転載・複製を禁じます
1553842 0 政治 2020/10/16 16:57:00 2020/10/16 17:45:20 2020/10/16 17:45:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ