閣議書類の押印回しは「スタンプラリー」…河野行革相、慣行を廃止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は16日の記者会見で、閣議の書類に関する押印やこよりとじなど長年の慣行を廃止したと発表した。

 閣僚は閣議に諮ることを首相に求める際に「請議」書類を出して押印してきたが、この日から廃止した。関係閣僚が複数いると職員が書類に押印を求めて回る「スタンプラリー」になっていたという。

 書類の束に職員が千枚通しなどで穴を開けてこよりでとじる作業や、「青枠」と呼ばれる色付きの枠内に文字をミリ単位で収めるルールも撤廃した。いずれも河野氏が加藤官房長官に廃止を要請していた。閣議決定の際に各閣僚が署名する「花押」は残す。

 河野氏は「長年やってました、というだけならやめてみよう」とさらなる改革に意欲を示した。

無断転載・複製を禁じます
1554165 0 政治 2020/10/16 19:03:00 2020/10/16 19:45:12 2020/10/16 19:45:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ