菅首相「旅は後ろめたいことではない」…「2030年・訪日客6000万人」実現に意欲

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は16日、東京都内で講演し、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ観光需要を回復させ、2030年に訪日観光客6000万人を実現するための計画を年内に策定する考えを表明した。

 首相は「もう一度観光、インバウンド(訪日観光客)を復活させたい」と述べた。自らが旗振り役となった観光支援策「Go To トラベル」の利用者がこれまで延べ約2500万人に上り、このうち感染者は27人にとどまったと紹介した上で、「旅は後ろめたいことではないとのお墨付きをもらった」と自信を示した。

 来夏の東京五輪・パラリンピックについては、「人類がウイルスに打ち勝った証しとして、ぜひ実現したい」と強調した。看板政策の「デジタル庁」創設に関しては、「デジタル化を早急に進めて経済・社会を一変させる」と語った。

 16日で就任1か月を迎えた首相は、首相官邸で記者団に感想を問われ、「振り返る間もなく早かった。携帯電話の(料金)引き下げを始めとして、できるものから改革を進め、国民に実感として味わってもらう」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1554853 0 政治 2020/10/16 23:32:00 2020/10/17 01:06:23 2020/10/17 01:06:23

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ