不安や負担抱える高3に「2万円」給付検討、浪人生も…与党協議

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民、公明両党は16日、新型コロナウイルスの感染収束が見えない中、大学受験や就職活動に臨む高校3年生らへの支援策について協議を始めた。公明党は現金2万円の一律給付を提案しており、次期衆院選をにらみ、「直接給付」の実現で成果を目指している。

 自民党の馳浩政調会長代理と公明党の浮島智子文部科学部会長が国会内で会談し、公明党の提案をもとに議論した。具体的な給付方法や対象を検討し、月内にも方向性を出す方針だ。

 公明党の提案する「受験生等支援給付金(仮称)」は、高校3年生と高校を卒業した浪人生の計約126万人を対象とし、大学入学共通テストの受験料に相当する2万円を給付するというものだ。コロナ禍での学業の遅れや家計の厳しさを受けた支援策の一環で、コロナ対策の予備費を活用し、総事業費は約280億円を見込んでいる。

 公明党の石井幹事長は16日の記者会見で「コロナ禍で、受験を控える高校3年生らは特に大きな影響を受け、不安や負担を抱えている」と意義を強調した。

残り:316文字/全文:747文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1554919 0 政治 2020/10/17 05:00:00 2020/10/17 07:04:31 2020/10/17 07:04:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ