川勝知事「学歴差別と捉えられて申し訳ない」…教養レベル発言撤回

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

発言を撤回した川勝知事(16日午前、県庁で)
発言を撤回した川勝知事(16日午前、県庁で)

 静岡県の川勝知事は16日、政府による日本学術会議の会員候補6人の任命拒否問題を巡って、「(菅首相の)教養レベルが露見した」などとした自身の発言を撤回した。この日、県議会最大会派の自民改革会議から抗議を受けた後、記者団に対し「学問を大切にしなければいけないと言ったが、学歴の部分が表に出て県民に心配された。学歴差別と捉えられて本当に申し訳ない」と謝罪した。

 川勝知事は今月7日の定例記者会見で、任命拒否問題について問われた際に菅首相を名指しし、「おかしなことをした」「学問をされた人ではない。単位取るために大学を出た人」と述べた。この発言が報道されると、インターネット上で川勝知事に対する批判の声が相次いだ。波紋が広がっていた12日は、「(発言を)訂正する必要は全くないと思っている」と明言した。

 自民の中沢公彦代表らは16日、川勝知事に発言撤回を求める抗議文を提出した。この中で、「個人への侮辱、誹謗ひぼう中傷及び学歴への差別とも取れる発言」であり、「これらの発言は公人として、教育者としてふさわしくない」と指摘した。

 川勝知事はその後、記者団の取材に応じた。任命拒否の経緯について、「基本的な事実認識が誤っていた」と釈明し、「学歴差別に捉えられて本当に申し訳ない」と謝罪した。その一方で、任命拒否に対しては、「理由が明らかでない」として批判的な立場を変えないことを強調した。

 県によると、一連の発言に対し、15日までに県のホームページなどに計1238件の意見が寄せられた。このうち8割超が「学歴差別だ」といった批判的な意見という。

 川勝知事は昨年、県の事業見直しを求めた自民を念頭に、「ごろつき」「反対する人は県議の資格はない」と発言。抗議を受けた後の今年2月の県議会定例会で「発言を撤回します。ごめんなさい」と謝罪し、「今後、不適切発言はしない」としていた。

 短期間で再び発言の撤回、謝罪に至ったことになる。川勝知事は「弱い者をいじめないのが原則だが、権限、権力を持つ人には間違っていると思えばはっきり言う」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1555899 0 政治 2020/10/17 18:20:00 2020/10/17 22:40:13 2020/10/17 22:40:13 日本学術会議を巡る発言を撤回した川勝知事(16日午前11時30分、県庁で)=安藤恵理子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201017-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ