中曽根元首相の合同葬、菅首相「改革の精神受け継ぐ」…秋篠宮ご夫妻ら各界から640人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年11月に死去した中曽根康弘・元首相の内閣・自民党合同葬が17日、東京都内のホテルでしめやかに営まれた。秋篠宮ご夫妻をはじめ、各界の代表ら約640人が参列し、日米同盟の強化や国鉄民営化などに尽力した中曽根氏の冥福めいふくを祈った。

中曽根元首相の内閣・自民党合同葬で、追悼の辞を述べる菅首相(17日午後、東京都港区で)=代表撮影
中曽根元首相の内閣・自民党合同葬で、追悼の辞を述べる菅首相(17日午後、東京都港区で)=代表撮影

 葬儀委員長の菅首相は「次世代の我が国の姿を見据え、必要な改革を実行され、国際社会の平和と繁栄に貢献された」と功績をたたえた。その上で、「先生が推し進められた改革の精神を受け継ぎ、国政に全力を傾けることを誓う」と決意を語った。

 友人代表を務めた渡辺恒雄・読売新聞グループ本社代表取締役主筆の追悼の辞は、山口寿一社長が代読した。渡辺氏は追悼の辞で、中曽根氏について「私の師であり、8歳上の兄であり、六十余年にわたる私の唯一の、畏敬した友人だった。熱心なカント哲学の信奉者で、私と信奉する哲学の中心概念が偶然にぴたり一致している」と振り返った。

 天皇皇后両陛下、上皇ご夫妻それぞれの使者の拝礼、秋篠宮ご夫妻をはじめとする皇族方の供花に続き、三権の長や、安倍前首相を含む首相経験者、各党代表らが献花を行い、最後の別れを告げた。

無断転載・複製を禁じます
1555915 0 政治 2020/10/17 18:29:00 2020/10/17 20:42:29 2020/10/17 20:42:29 中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬で、追悼の辞を述べる菅義偉首相(17日午後2時20分、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪)=代表撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201017-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ