首相、初外遊先のベトナムに到着…「ASEANは極めて重要なパートナー」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

初外遊先のベトナムに到着した菅首相(右隣は真理子夫人)(18日午後)=源幸正倫撮影
初外遊先のベトナムに到着した菅首相(右隣は真理子夫人)(18日午後)=源幸正倫撮影

 【ハノイ=藤原健作】菅首相は18日、就任後初の外遊先となるベトナム・ハノイに政府専用機で到着した。19日にグエン・スアン・フック首相と会談するほか、東南アジア諸国連合(ASEAN)との関係強化を目指す政策スピーチを行う。20日にはインドネシアに移動し、ジョコ大統領と会談する予定だ。

 首相は18日、出発に先立ち、羽田空港で記者団に「ASEANは『自由で開かれたインド太平洋』を実現するために極めて重要なパートナーだ」と述べた。両首脳との会談では「地域の平和と繁栄のために貢献するという決意を国の内外に示したい」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
1557795 0 政治 2020/10/18 20:04:00 2020/10/18 21:45:44 2020/10/18 21:45:44 ベトナムのグエン・スアン・フック首相との会談などのため、ハノイ郊外のノイバイ国際空港に到着した菅首相(中央、右隣は真理子夫人)(18日午後6時11分)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201018-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ