自民、石崎議員の処分検討…元秘書への暴行罪で略式起訴

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の林幹雄幹事長代理は20日、元秘書への暴行罪で略式起訴された同党の石崎徹衆院議員(比例北陸信越)と党本部で会談し、事情を聞いた。党は離党勧告などの処分を検討している。石崎氏は会談後、記者団に「身の処し方について、なるべく早く判断したい」と述べた。

 同党新潟県連会長の高鳥修一衆院議員も同日、林氏と会談し、石崎氏への厳しい処分を求めた。林氏は「重く受け止める」と応じたという。

無断転載・複製を禁じます
1563464 0 政治 2020/10/20 18:47:00 2020/10/20 18:47:00 2020/10/20 18:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ