読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

学術会議会長経験者3人、自民PTで意見…大西氏「独立が大事」と主張

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党は21日、日本学術会議のあり方を検討するプロジェクトチーム(PT)の会合を党本部で開き、東大の吉川弘之・元学長ら学術会議の会長経験者3人から意見を聴取した。組織の形態や運営方法などについて議論する予定だ。

 PTは、政府による会員候補6人の任命拒否問題をきっかけに発足した。会合には黒川清東大名誉教授と大西隆東大名誉教授が出席し、吉川氏はオンラインで参加した。大西氏は政府の任命拒否に関し、「学術会議が(人選を)独立して行うことが大事だ」と主張した上で、「学者が独立して提言を発する機関があることは、国の信頼を得るために重要だ」と訴えた。

 PT座長の塩谷立・元文部科学相によると、3氏からは、特別職の国家公務員である会員の身分について「公務員である必要性を感じたことは特にない」との発言があったという。下村政調会長は会合後の記者会見で「任命権を首相が持たないという意味で、行政組織でなくなることは選択肢になり得る」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1566767 0 政治 2020/10/21 23:54:00 2020/10/22 00:13:32 2020/10/22 00:13:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)