読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

自民県議側、「会ってくれない」知事と率直に意見交換したら…「結論なし」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岐阜県の古田肇知事と自民党県議団が23日、岐阜市の党県連事務所で面会した。次期知事選(2021年1月7日告示、24日投開票)で5選に意欲を示す古田知事に対し、県議団には多選となる続投に慎重な意見が多い。出席したある県議によると、約1時間の意見交換でも、県議側が「普段、知事との面会を申し出ても会ってくれない」などと古田知事に対し、コミュニケーション不足を指摘。意思疎通を深めるよう県議側から注文が出たという。

 この日の会合は非公開。終了後に報道陣の取材に応じた古田知事によると、県議団に対して、出馬を目指すことを決断するまでの経緯を時系列で説明した。知事選に向けた協力要請はしていないとした。

 古田知事は、「いろんな意見や質問があった。率直に意見交換できた」と述べた。

 一方、自民党県連の村下貴夫幹事長は会合終了後、報道陣の取材に対し、「本当にざっくばらんに意見交換した。結論はなし」と答えた。自民党県連は近く、古田知事を支持するか否かについて、県選出の国会議員や県議を集めた会議を開き、方針を決める予定だ。

無断転載・複製を禁じます
1574210 0 政治 2020/10/24 11:05:00 2020/10/24 11:05:00 2020/10/24 11:05:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)