読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「幅広く会員選考」学術会議会長、首相に反論…任命拒否は「青天のへきれき」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本学術会議の梶田隆章会長ら幹部4人は29日、会員候補6人の任命拒否問題の判明後、初めてとなる記者会見を開いた。梶田会長は「学術会議の運営に著しい制約になっている」と話し、政府に拒否した理由の説明と6人の任命を改めて求めた。

記者会見する日本学術会議の梶田会長(左から2人目)ら(29日、東京都港区で)=青山謙太郎撮影
記者会見する日本学術会議の梶田会長(左から2人目)ら(29日、東京都港区で)=青山謙太郎撮影

 東京都港区の学術会議で開いた記者会見で、梶田会長は、任命拒否問題について「青天のへきれきともいうべき事態」と述べた。「(政府と)未来志向の対話を行っていく上で、任命拒否問題が大きな妨げになる」と話し、早期の問題解決を訴えた。

 一方、菅首相が、「(学術会議会員は)民間出身者や若手会員が少なく、出身や大学にも偏りが見られる」と国会で指摘したことについて、学術会議側は、男女比や所属研究機関の地域割合などのデータを提示しながら「幅広い観点で会員を選考している」と反論した。

 また、記者会見に先立つ29日午後には、井上科学技術相と梶田会長らが意見交換した。梶田会長が「学術会議のあり方について、課題の検討を本格的に始める」と話したことに対し、井上科技相は「(政府に対する)提言機能の強化などが、大事な検証のポイントだ」と指摘した。

無断転載・複製を禁じます
1588722 0 政治 2020/10/29 20:45:00 2020/10/29 21:36:22 2020/10/29 21:36:22 記者会見に臨む日本学術会議の梶田隆章会長(左から2人目)ら(29日、東京都港区で)=青山謙太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201029-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)