自民・伊吹氏、学術会議に「政治的な発言は自粛すべき」と指摘

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の伊吹文明・元衆院議長は5日の二階派会合で、日本学術会議の任命拒否問題に絡み、会員は「特別職の国家公務員だ」とし、「一方的に政治的な問題に声明を出すとか、学術会議の肩書を持って政治的な発言をすることは自粛しないといけない」と指摘した。

 「『学問の自由』と言えば、みんな水戸黄門さんの印籠の下にひれ伏さないといけないのか」とも述べ、学術会議が防衛装備庁の研究制度の利用に反対する声明を出していることについて「一部の者が独断すべきことではない」と批判した。

 また、「菅首相の心の中を忖度そんたくすれば、できるだけ多様な人材を集めることによって、一方的な意見を公表するのは少し自重してもらいたいという気持ちがあったのではないか」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
1605084 0 政治 2020/11/05 21:17:00 2020/11/05 21:53:53 2020/11/05 21:53:53

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)