首相、核兵器禁止条約に「署名する考えはない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は5日の参院予算委員会で、来年1月発効の核兵器禁止条約に関し、「署名する考えはない」と述べた。「地道に現実的に核軍縮を前進させる道筋を追求することが適切だ」と語り、核保有国と非保有国の「橋渡し役」として引き続き、核廃絶に取り組む考えを示した。

 締約国会合へのオブザーバー参加についても、首相は、「慎重に見極める必要がある」と述べ、否定的な考えを示した。

 首相はまた、来夏の東京五輪・パラリンピックの機会に北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長が来日した場合の日朝首脳会談の可能性について問われ、「仮定の質問に答えることは差し控えるが、良い機会だと思う」と語った。いずれも立憲民主党の白真勲氏の質問に答えた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1605087 0 政治 2020/11/05 21:17:00 2020/11/05 21:17:00 2020/11/05 21:17:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)