ハンコ写真批判の山梨知事、河野氏の提案に「口では誰でも言える」「具体的な施策を」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府が進める押印の省略を巡り、河野行政・規制改革相がツイッターに「押印廃止」のハンコの写真を掲載したことを批判していた山梨県の長崎知事は、5日の記者会見で「ちゃかすようなことをするのはいかがなものか」と述べ、改めて問題視した。

 知事は「改革を進めるにあたり、しわ寄せが来る方々がいる。寄り添う姿勢が極めて重要だ」と強調。河野氏がSNS上で印章文化の継承に関する提案をしていることを認めつつも、「口では誰でも言える。具体的な施策を打ち出していただきたい」と要望した。

 知事はこれまで、県の伝統産業である印章制度や文化を守るよう訴えてきた。2日には河野氏のツイートに対し「ただただ限りない『嫌悪感』」と批判した。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
1606296 0 政治 2020/11/06 11:56:00 2020/11/06 12:30:17 2020/11/06 12:30:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)