河野氏の似顔絵ハンコ投稿に業界側「フォローのつもりか…非常に腹立たしい」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府の進める「脱ハンコ」を巡り、印章の産地である山梨県の長崎幸太郎知事らは6日、自民党本部に二階幹事長を訪ね、河野行政・規制改革相への抗議を伝えた。河野氏は先月下旬、平井デジタル改革相から贈られた「押印廃止」のハンコを自身のツイッターに投稿し、その後、長崎氏からツイッター上で批判を受けて削除していた。

 長崎氏は面会で、「業界が希望を持てる具体的な施策を発信するように働きかけてほしい」と要望。全日本印章業協会の徳井孝生会長は「我々の業界の窮状をあざ笑うような投稿だ」と訴えた。二階氏は「党の議論や国会の質疑を通じ、政府をただすべきだ」と応じたという。

 河野氏は投稿を削除した後の4日、自身の似顔絵のハンコを並べた写真を新たに投稿した。徳井氏は記者団に「フォローしたつもりかもしれないが、非常に腹立たしい」と不快感を示した。

 長崎氏によると、河野氏は6日夕時点で面会の求めに応じていないという。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
1608284 0 政治 2020/11/07 05:00:00 2020/11/07 10:15:09 2020/11/07 10:15:09

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)