解散・総選挙、自民の下村政調会長「年内はないと思うが年明け早々の可能性ある」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の下村政調会長は7日、北海道苫小牧市での党会合で講演し、衆院解散・総選挙の時期について「年内はないと思うが、年明け早々の可能性はある」との見方を示した。公明党の石井幹事長も6日放送のBS番組で、「1月の通常国会冒頭での解散の可能性もある。任期満了まで1年を切っており、常在戦場の覚悟で取り組まないといけない」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1609389 0 政治 2020/11/07 20:16:00 2020/11/07 20:16:00 2020/11/07 20:16:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)