読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

河野行革相「若手官僚に辞めたい人増えている」…長時間労働の弊害

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は、10日発売の中央公論12月号のインタビューで、「官庁の働き方も変えなければならない」と述べ、国家公務員の働き方改革に意欲を示した。

 河野氏は、「若手官僚の中に『辞めたい』という人が結構増えている」と指摘。背景に長時間労働の弊害ややりがいの少なさを挙げた。

 国会議員が質問内容を事前に政府に伝える「質問通告」など、国会関係の業務も、国家公務員の大きな負担になっているとして、改革に向けて国会の理解を得るため「10、11月の霞が関の全職員の在庁時間を記録している」と説明した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1612806 0 政治 2020/11/09 18:34:00 2020/11/09 18:34:00 2020/11/09 18:34:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)