岸防衛相、ミラー米国防長官代行と電話会談…尖閣への安保5条適用を確認

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸防衛相は14日、米国のミラー国防長官代行と電話で会談し、米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約5条が沖縄県・尖閣諸島に適用されることを確認した。ミラー氏はエスパー前国防長官が9日に解任されたことを受け、代行に起用された。

 両氏は、地上配備型迎撃システム「イージスアショア」の代替案として日本政府が検討している「洋上案」の実現に向け、両国で緊密に連携していくことでも一致した。

無断転載・複製を禁じます
1626417 0 政治 2020/11/14 20:39:00 2020/11/14 21:32:02 2020/11/14 21:32:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ