大阪都構想「勝つまでじゃんけん」おかしい…自民府連、法改正へ勉強会

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党大阪府連は、大阪都構想の根拠法である「大都市地域特別区設置法」の改正に向けた勉強会を始めた。住民投票の回数を制限する規定がなく、同じテーマで何度でも繰り返せるためだ。来年の通常国会での法改正を目指している。

 初会合は10日、府連所属国会議員や大阪市議らが参加し、国会内で開かれた。岡下昌平内閣府政務官は、「大阪都構想」の住民投票について「5年間で2回行われ、血税が使われた。『勝つまでじゃんけん』の問題がある」と述べた。

 都構想は2015年5月に住民投票で否決された後、今月1日に再び否決された。都構想を掲げる日本維新の会は3度目の挑戦を否定している。ただ、都構想に反対する自民党大阪府連内には「法律で規制しなければ、油断できない」とする声がある。

無断転載・複製を禁じます
1628585 0 政治 2020/11/15 23:25:00 2020/11/16 01:56:38 2020/11/16 01:56:38

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ