河野氏「デジタル庁に能力ある人材を」…国家公務員に専門技能者の採用枠検討へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は17日の記者会見で、デジタル分野の専門的な技能を持った人材を国家公務員に登用するため、採用枠を新設できないか人事院と協議する考えを表明した。

 政府は来年9月にデジタル庁を職員数約500人で発足させる方針で、河野氏は「能力のある人材を集めないといけない。自前の職員を育てることも必要になるので、新たな職種での採用を検討する」と述べた。政府は同庁発足時に各省庁などから職員を集めるほか、100人以上を民間から起用する考えだ。

 これに関連し、平井デジタル改革相は17日の参院内閣委員会で、「短期間で異動を繰り返す(従来の)霞が関人事は踏襲しない」と述べ、官と民、国と地方自治体を行き来できるような仕組み作りに意欲を示した。処遇面でも「民間の実態を踏まえた給与体系を検討したい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1633558 0 政治 2020/11/17 20:14:00 2020/11/17 20:14:00 2020/11/17 20:14:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ