「縦割り110番」に「10年分」の意見・情報が殺到、受け付け一時停止へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は20日の記者会見で、内閣府のホームページに開設した専用ホットライン(縦割り110番)の受け付けを一時停止すると発表した。約2か月で約7200件の意見や情報が殺到し、このままでは対応しきれなくなると判断した。27日に停止する。

 ホットラインは、行政の縦割りによる弊害や無駄の具体例を国民から寄せてもらうものだ。過去の同様の取り組みでは年に約700件どまりで、10年分が一気に集まった計算となる。

 河野氏は、年内再開は難しいとの見通しを示したうえで、「予想を桁違いに上回る要望を頂いた。優先順位の高いものから省庁に対応を求めたい」と述べた。

 河野氏は9月の就任直後、自らのホームページに「行政改革目安箱(縦割り110番)」を開設したところ、4000件超の意見が集まり、1日で停止に追い込まれたことがある。

無断転載・複製を禁じます
1641989 0 政治 2020/11/20 16:53:00 2020/11/20 19:19:54 2020/11/20 19:19:54

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ