読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

衆院解散は春以降の公算…菅首相、コロナ対策を重視

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 衆院解散・総選挙は、2021年春以降となる公算が大きくなった。菅首相は、全国で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、1月中旬にも召集する通常国会で、20年度第3次補正予算案と21年度予算案の早期成立を図り、感染拡大防止と経済再生の両立に専念する必要があると判断した。

 複数の政府・与党関係者が明らかにした。

 通常国会の召集日は1月18日とする方向で調整が進んでいる。政府は、1月末までに3次補正予算を成立させた上で、3月末までに21年度予算の成立を図りたい考えだ。「15か月予算」として、新型コロナ対策を切れ目なく講じる狙いがある。

 このため、政府・与党内では「年度内の解散の可能性は低い」(与党幹部)との見方が広がっている。首相も周囲に、当面は新型コロナ対策やデジタル庁創設などの政策に注力する考えを示している。

 首相の自民党総裁任期は来年9月までで、衆院議員は同10月に任期満了を迎える。首相は21年度予算成立後、新型コロナの感染状況などを踏まえ、解散のタイミングを探る構えだ。来年夏の東京五輪・パラリンピック後に解散に踏み切る可能性も取りざたされている。

無断転載・複製を禁じます
1659636 0 政治 2020/11/28 01:06:00 2020/11/28 01:06:00 2020/11/28 01:06:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)