読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】不妊治療「22年度保険適用」…政府の工程表が判明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 不妊治療の公的医療保険の適用に向けた政府の工程表が判明した。2021年1月から現行の助成制度を拡充し、22年4月の保険適用開始を目指す。全世代型社会保障検討会議(議長・菅首相)が12月にまとめる最終報告に盛り込む見通しだ。保険適用されれば、保険加入者は所得に関係なく不妊治療を受けることができるようになる。

 工程表によると、厚生労働省は同検討会議の最終報告に合わせ、不妊治療の実施件数や費用などの実態調査の中間報告をまとめる。これを受け、日本産科婦人科学会などが医療機関向けの診療ガイドライン(指針)の策定作業を始める。

 ガイドライン策定後、中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)が体外受精や顕微授精などについて、標準的な治療法や診療報酬(価格)などを議論する。政府は22年初めには保険適用を正式決定する方向だ。

 保険適用が実現するまではつなぎとして、助成制度を大幅に拡充する。現在は初回のみ30万円で、2回目以降は15万円にとどまっているが、2回目以降も30万円を維持する。通算6回(40~42歳は3回)を上限とし、出産すれば回数のリセットを検討する。夫婦の合計所得が730万円未満との所得制限は撤廃する方針だ。

 また、保険適用外の先進医療と適用対象の治療の併用について、出来るだけ広い範囲で可能となるよう調整を進める。妊娠しても流産や死産を繰り返す不育症についても、治療の保険適用を含めて支援策を検討する。

 不妊治療を受けやすい職場環境を整備するため、仕事と治療の両立支援策も具体化を進める。同省の「働き方改革推進支援助成金」や「両立支援等助成金」を中小企業が受給できるような仕組みに変える。治療のための休暇制度導入を支援する企業向けのセミナーも開催する。

無断転載・複製を禁じます
1659738 0 政治 2020/11/28 05:00:00 2020/11/28 06:38:17 2020/11/28 06:38:17 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201128-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)