読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国家公務員に冬のボーナス、平均支給額5%減の65万3600円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国家公務員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。管理職を除く一般行政職(平均年齢34・6歳)の平均支給額は約65万3600円で、前年同期比で約3万4100円(約5・0%)減った。

 ボーナス引き下げを求める人事院勧告に沿った改正給与法が11月27日に成立したことを受け、支給月数は0・075月分減の2・17月分だった。支給対象者の平均年齢が0・4歳低下したことも減額の要因となった。

 特別職の支給額は、首相と最高裁長官が約560万円、衆参両院議長約519万円、閣僚約409万円、衆参両院議員約310万円。首相と閣僚は行財政改革推進のため、一部を自主返納する。

無断転載・複製を禁じます
1690296 0 政治 2020/12/10 11:34:00 2020/12/10 11:48:53 2020/12/10 11:48:53

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)