読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米中の技術覇権争い、梶山経産相「デジタル保護主義は脅威」…Gゼロサミット

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

オンラインで行われたGゼロサミットであいさつする梶山経済産業相
オンラインで行われたGゼロサミットであいさつする梶山経済産業相

 米政治学者のイアン・ブレマー氏らが共同議長を務める「GZERO(Gゼロ)サミット」(ユーラシア・グループ主催、読売新聞社など後援)は2日目の10日、データ管理や米中の技術覇権争いなどテクノロジーをめぐる問題を議論した。

 梶山経済産業相は冒頭のあいさつで、米中の技術覇権争いの激化に触れたうえで、「デジタル保護主義は、データ流通やデジタル経済の脅威だ」とし、自由なデータ流通に関する国際ルール作りで日本が「世界を牽引けんいんしていく」と強調した。

 パネルディスカッションでは、ブレマー氏が、米中間の「テクノロジー冷戦」が拡大し、来年1月発足のバイデン米新政権は、米IT企業や同盟国と緊密な連携が必要になると指摘。グーグル元会長のエリック・シュミット氏は「米中関係は『冷戦』ではなく『安定した緊張関係』だ」と語り、あくまで競争関係にあるとの認識を示した。

 パネルディスカッション後の討論には、飯塚恵子・読売新聞編集委員も参加した。

無断転載・複製を禁じます
1691552 0 政治 2020/12/10 19:01:00 2020/12/10 19:28:57 2020/12/10 19:28:57 オンラインで行われたGゼロサミットに臨む梶山経済産業相 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201210-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)