読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

Gゼロサミット閉幕 持続可能な資本主義 追求…共同議長 中西宏明 経団連会長

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米政治学者のイアン・ブレマー氏らが共同議長を務める「GZERO(Gゼロ)サミット」(ユーラシア・グループ主催、読売新聞社など後援)は11日、3日間の日程を終えて閉幕した。共同議長を務める経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)は読売新聞に寄稿し、持続可能な資本主義を追求すべきだと訴えた。

 新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、世界はいまだ未曽有の危機にある。コロナ禍は生命の危機をもたらしただけでなく、世界経済を後退させ、格差を拡大させた。各国は内向き志向を強め、自由貿易体制は存続の危機にある。自然環境に多大な負荷をかける形で進んできた人類の発展は、地球環境の持続可能性を危うくしている。

 リーダー不在の「GZERO」の状態にあって、我々はグローバルな連携・協調を強化し、各国が協調・連携して世界経済の回復、地球規模の課題解決に注力しなければならない。その際、従来の株主至上の資本主義に代わるサステイナブル(持続可能)な資本主義を追求することが求められている。その先頭に立ち、世界をリードしていくとの決意のもと、先般、経団連は「。新成長戦略」を策定し、これまでの路線に終止符を打ち、Society(ソサエティー)5・0を通じたサステイナブルな資本主義の確立を目指す姿勢を明らかにした。

 そのうち、2030年までに世界が目指すべきは、デジタル・トランスフォーメーションおよびグリーン化を通じた新たな成長、ならびに国際経済秩序の再構築である。それに向けて、多様な主体が求める多様な価値を包摂し協創することを通じ、これらの実現に積極的に取り組んでいかなければならない。

「絆の五輪に」小池知事意欲

 GZEROサミットは最終日の11日、気候変動問題などサステイナビリティー(持続可能性)をテーマに議論が行われた。東京都の小池百合子知事はビデオメッセージを寄せ、東京五輪・パラリンピックについて、新型コロナウイルスを克服し、「人類が絆をさらに強めた象徴になるような、希望あふれる大会の実現を目指す」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1695469 0 政治 2020/12/12 05:00:00 2020/12/17 19:47:23 2020/12/17 19:47:23

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)