読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

河野行改相「資本金1円でも公証人に5万円」…起業手数料軽減に意欲

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は20日、起業家による新たな株式会社の設立を後押しするため、手数料などの負担軽減に取り組む考えを示した。視察先の滋賀県草津市で記者団に語った。

経営者らと意見交換する河野行政・規制改革相(滋賀県草津市内で)=阿部真司撮影
経営者らと意見交換する河野行政・規制改革相(滋賀県草津市内で)=阿部真司撮影

 河野氏は「1円の資本金で株式会社を作るルール改正をしたが、公証人に5万円払う必要がある」と批判し、「色々な人が負担なく起業に挑戦できるようにしたい」と強調した。

 株式会社の設立には、事業目的などを定めた定款を公証人が認証し、法務局に登記する。登記にかかる手数料や登録免許税などが起業に向けた負担になっているとの指摘がある。

 これに先立ち、河野氏はロボット開発などを行っている経営者らと意見交換した。経営者側からは新興企業が成長しやすい環境作りを求める声が出た。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1714877 0 政治 2020/12/20 20:54:00 2020/12/20 22:15:27 2020/12/20 22:15:27 経営者らと意見交換する河野行政・規制改革相(滋賀県草津市内で)=阿部真司撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201220-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)