読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

西村再生相「家族やいつもいる仲間と、静かな年末年始を」…初詣分散の必要性訴える

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が23日、東京都内で開かれた。西村経済再生相は会議の冒頭、感染拡大防止のため、「家族で、また、いつも一緒にいる仲間で静かな年末年始を(過ごすよう)お願したい」と国民に呼びかけた。

 西村氏は、年末年始休暇が29日から来年1月3日に集中しがちだとした上で、「3密」を避けるために休暇の分散取得や初詣の分散参拝などの必要性を訴えた。

 一方、田村厚生労働相は「感染が収まっていけばありがたいが、残念ながら(さらに)拡大していくことも想定しておかなければいけない」として、医療提供体制の維持に全力で取り組む考えを示した。

無断転載・複製を禁じます
1723151 0 政治 2020/12/23 16:05:00 2020/12/23 16:30:02 2020/12/23 16:30:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)