読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

北方領土の植物分布示す「植生図」作成へ…現地調査できず人工衛星画像を活用

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、北方領土の植物分布を示す「植生図」を2021年度中に作成する方針を固めた。ロシアが不法占拠を続ける北方領土は現地調査ができないため、人工衛星画像を活用して作成する。国際社会に日本固有の領土であるとアピールする狙いもある。

 植生図は、植物を種類ごとにまとめて、分布状態を地形図に落とし込んだもの。建設工事などを行う際の環境影響評価(環境アセスメント)や災害対策、鳥獣対策などの資料として活用される。

 政府は、韓国が不法占拠している竹島(島根県)や、沖縄県の尖閣諸島を含めて全国の植生図を作成しているが、北方領土は未作成となっていた。

 今回は、北方領土全土の約5000平方キロ・メートルを約1年かけて調査する。国が管理する人工衛星の画像を解析するほか、民間や海外からも画像を購入し、複数枚の画像を組み合わせたり、季節ごとの移り変わりを比べたりして植生図を作る。

 現地調査ができないため、縮尺は通常の2万5000分の1ではなく、20万分の1とやや粗くなる。それでも植物分布の概要は把握できるという。環境省生物多様性センター(山梨県)の担当者は「北方領土は道東とは違った植物があるなど、新しい発見が期待できる」と話す。

 政府は15年に衛星画像を使って尖閣諸島の植生図を作った実績がある。今回はより広範囲の調査が必要だが、画像解析技術が進展しており、作成は可能とみている。

無断転載・複製を禁じます
1745040 0 政治 2021/01/03 22:03:00 2021/01/03 22:03:00 2021/01/03 22:03:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)