読売新聞オンライン

メニュー

新型コロナ、「指定感染症」1年延長…来年1月末まで入院勧告など継続

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は8日、新型コロナウイルス感染症について、感染症法の「指定感染症」として扱う期間を1年延長したと発表した。今月末が期限だったため、改正した政令を7日付で閣議決定した。新たな期限は2022年1月31日まで。感染者への入院勧告や就業制限などの対応を継続する。

 検疫法に基づき、感染した入国者を隔離、停留させる水際対策についても期限を1年延長した。こちらは来月13日が期限だった。

無断転載・複製を禁じます
1757354 0 政治 2021/01/08 20:06:00 2021/01/08 22:54:14 2021/01/08 22:54:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)