読売新聞オンライン

メニュー

3府県の宣言発令要請に首相「もう数日状況見る」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は10日のNHK番組で、大阪、京都、兵庫3府県が新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の発令を求めていることに、「もう数日、状況を見る必要がある」と述べた。専門家でつくる新型コロナ感染症対策分科会の意見を踏まえ、慎重に見極める考えを示したものだ。

 一方、首相は「(3府県は)緊迫した状況と承知している。(発令が)必要であれば、すぐに対応できる準備はしている」と明言した。飲食店などへの営業時間短縮要請にあたって「給付金と罰則をセットにして、より実効性のあるものにしたい」と述べ、新型インフルエンザ対策特別措置法の改正に理解を求めた。

 衆院解散・総選挙の時期については、「まずは新型コロナウイルス問題に全力を挙げて取り組みたい」と語るにとどめた。10月の衆院議員の任期満了までに「何か所か時期がある」とも語った。

無断転載・複製を禁じます
1760411 0 政治 2021/01/10 11:21:00 2021/01/10 20:50:46 2021/01/10 20:50:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)