政府、バイデン大統領の同盟国重視・国際協調を歓迎

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本政府は、米国のバイデン大統領が就任演説で同盟国重視や国際協調を訴えたことを歓迎している。日米同盟の一層の強化を確認するため、菅首相は近くバイデン氏と電話会談する方向で調整している。

米国のバイデン新大統領の就任演説などについて、記者団の質問に答える菅首相(21日午前8時2分、首相官邸で)=源幸正倫撮影
米国のバイデン新大統領の就任演説などについて、記者団の質問に答える菅首相(21日午前8時2分、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 首相は21日、首相官邸で記者団に対し「新大統領と国際的な課題について、緊密に連携しながら取り組んでいきたい」と述べ、新型コロナウイルス対策や気候変動問題などでもバイデン氏と協力していくことに意欲を示した。就任演説については「国民に結束を訴えた大変力強い演説だった」と感想を語った。

 日本政府は、予測が困難な言動が目立ったトランプ前大統領に比べ、「バイデン氏は国務省や国防総省などの意見を重視するオーソドックスな外交・安全保障政策に回帰する」(外務省幹部)とみている。

 バイデン氏は当面、新型コロナ対策など内政を優先するとみられ、首相の訪米は難しい見通しだ。日本としては、まずは首脳電話会談で、同盟強化や日米共通の構想になっている「自由で開かれたインド太平洋」を引き続き推進することを確認したい考えだ。

 首脳の信頼関係を構築するのにあわせ、茂木外相が首相に先立って訪米し、国務長官候補のアントニー・ブリンケン氏と会談することも検討している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1785796 0 政治 2021/01/21 08:37:00 2021/01/21 19:47:01 2021/01/21 19:47:01 米バイデン新大統領の就任演説などについて記者団の質問に答える菅首相(21日午前8時2分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210121-OYT1I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)