読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワクチン接種で政府「迷走」…河野行革相と坂井学官房副長官、確保時期に食い違い

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、政府の情報発信が迷走している。ワクチンを確保する時期について、ワクチン担当の河野行政・規制改革相と坂井学官房副長官の説明が食い違う事態になった。

 坂井氏は21日の記者会見で、「6月までに接種対象となる全ての国民に必要な数量の確保は見込んでいる」と説明した。

 これに対し、河野氏は22日午前の記者会見で、「政府内の情報の齟齬そごがあった。古い情報だった。修正する」と述べ、坂井氏の発言を否定した。河野氏は、政府が確保したワクチンはいずれも国内での承認が済んでいないため、2月下旬の接種開始を目指す日程以外は未定だとしている。

残り:293文字/全文:580文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1789845 0 政治 2021/01/22 20:29:00 2021/01/22 21:26:07 2021/01/22 21:26:07

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)