読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

改正案修正で合意、首相「政府として尊重して対応したい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

会談に臨む自民党の二階幹事長(右)と立憲民主党の福山幹事長(左)(28日午後5時28分、国会で)=早坂洋祐撮影
会談に臨む自民党の二階幹事長(右)と立憲民主党の福山幹事長(左)(28日午後5時28分、国会で)=早坂洋祐撮影

 新型コロナウイルス対策をめぐり、自民党と立憲民主党は28日、新型インフルエンザ対策特別措置法と感染症法の改正案を修正することで合意した。感染症法改正案に盛り込んだ刑事罰は撤回する。入院に応じない感染者への「懲役」は削除し、「罰金」は行政罰の「過料」に切り替える。過料は、特措法改正案に規定したものを含めて減額する。

 菅首相は28日、首相官邸で記者団に対し、「政府として合意を尊重して対応したい。改正によって飲食店の(営業)時間短縮など、今まで以上に実効性のあるものになると思っている」と意義を強調した。

 自民の二階幹事長と立民の福山幹事長が28日、国会内で会談し、正式に合意した。29日の衆院本会議で審議入りし、菅首相が出席して趣旨説明と質疑が行われる。立民も賛成する見通しで、政府・与党は2月3日に成立させ、同月中の施行を目指している。

残り:590文字/全文:1113文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1803862 0 政治 2021/01/28 20:18:00 2021/01/28 21:48:29 2021/01/28 21:48:29 会談に臨む、自民党の二階幹事長(右)と立憲民主党の福山幹事長(左)(28日午後5時28分、国会で)=早坂洋祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210128-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)